[船橋招待]桐光学園は広島皆実と痛み分け…U-16日本代表FW西川が1得点

[船橋招待]桐光学園は広島皆実と痛み分け…U-16日本代表FW西川が1得点
ドリブルで攻め上がる桐光学園高FW西川潤(新2年)

[3.30 船橋招待U-18 桐光学園高1-1広島皆実高 グラスポ]

 第23回船橋招待U-18サッカー大会が30日、千葉県船橋市内の2会場で開幕した。グラスポ法典公園での第3試合は、広島皆実高(広島)が桐光学園高(神奈川)と1-1で引き分けた。

 広島皆実の仲元洋平監督は試合後、「個の能力で持って行かれてしまった。あの10番とかは……」と本音をこぼした。名指しで称えたのは桐光学園のFW西川潤(新2年)。2トップの一角で出場したU-16日本代表アタッカーは、序盤からスルーパスとフリーランニングでチャンスを呼び込んだ。

 しかし、スコアレスで迎えた後半、先に試合を動かしたのは広島皆実だった。キックオフから30秒足らず、敵陣で前を向いたMF岡本拓海(新2年)がゴール約40mの位置から、迷わず右足を振り抜いた。グングンと伸びていったボールはGK宍戸凜(新3年)の手をすり抜け、見事にゴールイン。昨年度選手権予選では準決勝、決勝で得点を挙げたルーキーが新シーズンでも結果を出した。

 ところが直後、広島皆実は思わぬ形から同点に追いつかれる。後半3分、右サイドからの高軌道クロスをディフェンダーがクリアミス。空振りしたボールを西川に拾われ、他の選手がスライディングで寄せたものの、落ち着いてネットを揺らされた。さらに同6分、GK植田恵也(新3年)が西川のプレスでボールを失い、無人のゴールを狙われたが、こちらは枠を外れて難を逃れた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。