高校選抜から新たな挑戦。左SB佐藤拓海「大学では選抜とか関係なくゼロからのスタート」

高校選抜から新たな挑戦。左SB佐藤拓海「大学では選抜とか関係なくゼロからのスタート」
拡大する(全1枚)
左SB佐藤拓海(青森山田高→神奈川大)

 第96回全国高校サッカー選手権の優秀選手中心に構成された日本高校選抜は3月29日から4月2日まで第56回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場し、5年ぶり2回目の優勝を果たした。

 左SB佐藤拓海(青森山田高→神奈川大)は準決勝の後半開始から初出場。身体を投げ出すようなプレーや対人の強さなど短い出場時間で持ち味を発揮した。そのDFが欧州遠征の感想や今後への意気込みを語った。

以下、佐藤コメント

●DF佐藤拓海
―最終日に出番を得て、良さも出せたと思うが、どのような大会だった?
「(準決勝は)2-0になってチームのみんなが点差をつけてくれてある程度余裕もあった中で自分も出れたと思うので、そこはまずみんなに感謝しています。プレーとしては(気持ちの入ったプレーが)できたと思うんですけれども、1試合目だったので試合勘とかそんなに入り込めていなかったと思います」

―この経験を今後どう活かしたい?
「海外の選手と戦う経験はこれからも数少ないと思う。この身体で感じたフィジカルや日本人との違いをしっかり体で覚えて、それを日本に帰ってから自分のものにして、日本でも差をつけれられるようにしていきたい」

―大学ではどのようなプレー、活躍を。
「大学では選抜とか関係なくゼロからのスタートなので、まずは監督が求めるサッカーというか、プレーを心掛けていくこと。それにプラスして自分の特長を出せるように工夫して努力したり、メンバーに入って少しでも時間長く出れるようにコツコツと頑張っていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)●2018日本高校選抜欧州遠征特設ページ
★日本高校選抜の活躍を プーマ フットボール公式Instagram アカウント でもチェック!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク