アーセナルがアディダスと契約? 「来季終了後」と英紙…2014年にはナイキ→プーマ

アーセナルがアディダスと契約? 「来季終了後」と英紙…2014年にはナイキ→プーマ
アーセナルMFメスト・エジル(左が2014年、右が2018年)

 アーセナルは来季終了後、ユニフォームサプライヤーをプーマからアディダスに変更する可能性があるようだ。イギリスメディア『デイリー・ミラー』が報じている。同クラブは2014年、ナイキからプーマに変えたばかりだった。

 記事によると、アーセナルは14年夏から続いてきたプーマとの契約を来季まで残しており、契約金は1年あたり約3000万ポンド(約45億5000万円)。現在はその後のサプライヤー契約を交渉中で、アディダスとは契約金約4000万ポンド(約60億6500万円)の提示を行っているとみられる。

 さらに、2年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグへの出場権を得られれば、さらに価格は高騰する模様。だが、すでにプレミアリーグで4位以内に入る可能性は低く、UEFAヨーロッパリーグを優勝するしかない状況となっている。

 また、記事ではライバルクラブの契約金額も公開され、マンチェスター・ユナイテッドとアディダスの契約は年約7500ポンド(約114億万円)、チェルシーとナイキの契約は年約6000万ポンド(約91億円)と、アーセナルより高額に。また、いずれもナイキと契約中のトッテナムは3000万ポンド、マンチェスター・シティーは約2000万ポンド(約30億3000万円)だという。
●プレミアリーグ2017-18特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。