[MOM2472]東福岡FW大森真吾(3年)_走って、戦って、ゴールも。「背中で見せた」エースFW

[MOM2472]東福岡FW大森真吾(3年)_走って、戦って、ゴールも。「背中で見せた」エースFW
東福岡高を背中で引っ張ったFW大森真吾

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[4.8 高円宮杯プレミアリーグWEST第1節 京都U-18 1-5 東福岡高 キンチョウ]

 東福岡高を背中で引っ張った。1-1で折り返した前半、東福岡は連動した守備からショートカウンター、サイド攻撃を連発。特に印象的なプレーを見せていたのがFW大森真吾(3年)だ。

 前線で自ら競ったボールにいち早く反応してDFにユニフォームを引っ張られてもキープし、切り返しを交えたドリブルから強引にシュートまで持ち込んでゴールを奪おうとする。加えて、失ったボールに対し、切り替えの速い、そして迫力のある守備を連発。「(主将の)中村拓也が外れて自分がキャプテンマークを巻いている。自分がやってやろうと。チームもあまり勝てていなかったので、自分が引っ張っていこうと。気持ち込めて走りました」。これまで以上にボール、ゴール、そして勝利に対する執着心を感じさせるようなプレーを続けていた。

 1トップから右SHへポジションを移した後半20分以降もハードワークを継続。前線での競り合いでボールを収めて3点目の起点となると、試合終了間際には右サイドから右足ミドルを打ち込む。左ポストの外側から変化してゴール左隅を捉えるファインショットで、今季のプレミアリーグ初得点をマークした。

「それまで結構いいボール来ていたのに外していた。このままでは終われない、と。あのコースは自分の中では得意な方なので思い切り振り抜きました。(総監督の)志波先生にも、ハーフタイムに『もっとスイングを速くして、シュートスピードを上げろ』と言われていたので意識した」と大森。アドバイス通りに狙ったシュートで会場をどよめかせた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。