[関西]昨季初Vのびわこ大が2発完封勝利!準Vの大体大も大量4得点で好スタート:第1節

[関西]昨季初Vのびわこ大が2発完封勝利!準Vの大体大も大量4得点で好スタート:第1節
“びわこ大の10番”FW青山景昌(3年=名古屋U-18)が直接FKを決めた

第96回関西学生サッカーリーグ1部

 第96回関西学生サッカーリーグ1部の第1節が7、8日に各地で行われた。昨季王者のびわこ成蹊スポーツ大甲南大に2-0で白星発進。準優勝の大阪体育大同志社大に4-0で大勝を収め、上位陣が軒並み好スタートを切った。

 昨季に初優勝を成し遂げたびわこ大だが、序盤は昇格組の甲南大から得点を奪えない。しかし後半37分に待望の先制点。MF上村大悟(3年=立正大淞南高)の右サイドからのクロスからPA右のMF谷後滉人(2年=神戸弘陵高)がシュートを放ち、ゴールに突き刺した。すると、35分にもFW青山景昌(3年=名古屋U-18)がFKを直接沈め、びわこ大が2-0で初戦を白星で飾った。

 大体大は昇格組・同志社大から大量4得点を奪った。前半18分、FW大田賢生(4年=星稜高)がPKを決めて先制に成功。1-0で前半を折り返すと、後半5分にはMF堀内颯人(4年=奈良育英高)のパスを受けたPA内のDF木出雄斗(2年=星稜高)が追加点を挙げる。36分にはMF西田恵(3年=関大北陽高)がフィニッシュ。44分にはDF小川明(4年=履正社高)がダメ押しの4点目を決め、4-0で完勝した。

 昨季3位の阪南大は昨季10位の京都産業大と対戦。阪南大はFW草野侑己(4年=JFAアカデミー福島)が4本のシュートを放つなど猛攻を仕掛けるも、ゴールは割れず。試合は0-0のスコアレスドローに終わっている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。