痛快“汚名返上”弾!! 第1戦OGのローマ2選手がバルサにリベンジ!!

痛快“汚名返上”弾!! 第1戦OGのローマ2選手がバルサにリベンジ!!
PKを沈めたMFダニエレ・デ・ロッシを祝福するMFアレッサンドロ・フロレンツィ

[4.10 欧州CL決勝準々決勝第2戦 ローマ3-0バルセロナ]

 1週間前には自陣のゴールネットを揺らしてしまった2人が、借りをきっちり返すゴールを奪った。

 4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第1戦でバルセロナと対戦したローマは、序盤から主導権を握られると前半38分にFWリオネル・メッシとMFアンドレア・イニエスタのワンツーを阻もうとしたMFダニエレ・デ・ロッシのオウンゴールで先制点を献上してしまった。

 さらに同10分にはMFイバン・ラキティッチが送ったグラウンダーのクロスをDFコスタス・マノラスが阻むも、ポストを叩いたボールがマノラスに当たってゴールマウスに収まり、またもやオウンゴールでリードを広げられてしまう。その後、DFジェラール・ピケ、FWルイス・スアレスに得点を許したチームは、FWエディン・ジェコが1点こそ奪ったものの、1-4で大敗していた。

 そして、ホームで迎えた第2戦。第1戦で悔しさを味わった2選手が意地を見せた。前半6分にジェコのゴールで先制すると、後半12分にはPA内でボールを受けたジェコがピケのファウルを誘ってPKを獲得。このPKでキッカーを務めたデ・ロッシが、きっちりとネットを揺らしてリードを2点差に広げる。さらに同37分にはMFジェンギズ・ウンデルがCKを蹴り出すと、ニアサイドに走り込んだマノラスがヘディングで合わせてゴールを陥れた。

 2選手に“汚名返上”弾が生まれたローマは3-0の完封勝利を収め、2試合合計4-4ながらもアウェーゴールの差で準々決勝を突破。前身大会で準優勝した83-84シーズン以来、34シーズンぶりのベスト4へと駒を進めた。
●欧州CL17-18特集

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。