[関東大会予選]埼玉新人戦で初優勝の成徳深谷、挑戦者として戦う大会でまず1勝

[関東大会予選]埼玉新人戦で初優勝の成徳深谷、挑戦者として戦う大会でまず1勝
成徳深谷高の攻撃に推進力をもたらしていたMF佐藤蒼太主将

[4.14 関東高校大会埼玉県予選1回戦 成徳深谷高 4-1 浦和北高 埼工大G]

 平成30年度関東高校サッカー大会埼玉県予選は14日に1回戦を行い、2月の県新人戦優勝校・成徳深谷高が浦和北高に4-1で快勝した。ベスト16進出を決めた成徳深谷は15日の2回戦で栗橋北彩高と戦う。

 新人戦で初の県タイトル獲得。埼玉の高校サッカーの歴史を一つ塗り替えた成徳深谷が、関東大会予選でまず初戦を突破した。この日は新人戦準優勝の西武台高や昨年の関東大会予選準優勝校・正智深谷高、浦和西高などが敗れる波乱の初戦に。為谷洋介監督が「難しい1回戦だなと思っていた」と引き締めて試合に臨んでいたが、予想通り、簡単な展開にはならなかった。

 浦和北は守備ブロックを構築し、奪ってから素早いカウンターを展開。アーリークロスからチャンスを作り出してくる。成徳深谷は再三相手ゴールに迫るものの、1点を奪うことができない。それでも為谷監督が「マジメ。しっかりしている男です」と評するMF佐藤蒼太主将(3年)らアタッカー陣の果敢な仕掛け、MF若崎蓮(3年)の中盤からの飛び出しなどを活用して攻め続ける成徳深谷は26分、相手ハンドで獲得したPKをMF石川怜磨(3年)が右足で決めて先制する。

 さらに31分には右サイドで実直なプレーを続けていたSB長谷玲央(3年)の右ロングスローをニアでそらし、最後はCB堀井皓士郎(3年)が右足ダイレクトボレーで合わせて2-0と突き放す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。