川崎F、家長ポスト2本など決め切れずスコアレス…仙台はJデビューの青森山田出身DF常田が完封貢献

川崎F、家長ポスト2本など決め切れずスコアレス…仙台はJデビューの青森山田出身DF常田が完封貢献
ポストに2度嫌われた川崎FのMF家長昭博

[4.14 J1第8節 仙台0-0川崎F ユアスタ]

 ユアテックスタジアム仙台で開催された2位ベガルタ仙台と5位川崎フロンターレの一戦は0-0の引き分けに終わった。2試合負けなし(1勝1分)となった仙台は2位をキープ。昨季王者の川崎Fは4戦未勝利(2分2敗)で6位に順位を下げた。

 互いに前節から中2日ということもあり、仙台は先発6人、川崎Fは先発7人を変更。仙台は元青森山田高のプロ3年目DF常田克人が初スタメンでJリーグデビューを飾り、3バックの中央を務めた。対する川崎Fは大卒ルーキーのMF守田英正がプロ入り後リーグ戦初先発を果たし、ボランチを担当。また、FW知念慶は最前線でリーグ戦3試合連続スタメンとなった。

 最初に決定機を迎えたのは仙台。前半6分、古巣対戦のMF中野嘉大がPA内左から折り返したボールにFW西村拓真が反応する。合わせれば先制かという場面だったが、左足で空振りしてしまった。

 その後はアウェーの川崎Fがボールを支配して攻め込む展開となる。前半18分、PA内右に流れたボールにDFエウシーニョが走り込み、右足でクロス。しかし、ファーで合わせたMF家長昭博のヘディングは左ポストをかすめて枠を外れる。同25分にはGKチョン・ソンリョンからのロングボールを知念が落とし、受けた家長がMF阿部浩之とのパス交換からPA内右で右足を振り抜くが、右ポストを叩いたシュートはGK関憲太郎に抑えられた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ベガルタ仙台 日本代表
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ベガルタ仙台 + 日本代表」のおすすめ記事

「ベガルタ仙台 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。