ベンゲル監督アーセナル退任、同時に消える“前所属名古屋”

ベンゲル監督アーセナル退任、同時に消える“前所属名古屋”
拡大する(全1枚)
名古屋を率いたアーセン・ベンゲル監督

 前所属名古屋グランパスエイト。アーセン・ベンゲル氏が22年間掲げてきた経歴だ。アーセナルは20日、ベンゲル監督の今季限りでの退任を発表した。

 名古屋にやってきたベンゲル監督は当時46歳。母国フランスのモナコを欧州を代表するクラブに育て上げた実績を持ち、7年間指揮したモナコを離れる際には、バイエルンを指揮する噂もたった。

 しかし新天地として選んだのは極東Jリーグの名古屋だった。当時はJリーグの中でも“お荷物クラブ”と揶揄されるほどの弱小クラブで、MFストイコビッチらがすでに在籍していたにも関わらず、前年の第2ステージにあたるニコスステージは最下位で終えていた。

 ベンゲル監督をしても就任当初は不振を抜け出せず、開幕7試合を1勝6敗。その1勝もPK戦で挙げたものだった。しかし5月半ばから6月半ばまでの中断期間に行ったフランスでのキャンプが大きな転機となる。

 そのキャンプはのちに“伝説のフランスキャンプ”と呼ばれ、キャンプ期間中に当時の世界最高選手、同年12月にバロンドールを獲得する“リベリアの怪人”ジョージ・ウェアがベンゲル監督を訪ねてきたことで、名古屋の選手たちを驚かせたというエピソードは有名だ。

 戦術を叩き込まれ、ベンゲル監督のもとで団結したチームは、劇的に生まれ変わる。負け続けた序盤戦がうそのように、再開後は6連勝、1敗をはさんで7連勝を達成するなど快進撃をみせる。ヴェルディ川崎との直接対決に勝てなかったこともあり、ニコスシリーズは2位だったが、翌96年1月1日に行った天皇杯決勝で
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク