G大阪が白熱大阪ダービー制し最下位脱出!C大阪の連勝止める

G大阪が白熱大阪ダービー制し最下位脱出!C大阪の連勝止める
G大阪が大阪ダービーを制した

[4.21 J1第9節 G大阪1-0C大阪 吹田S]

 吹田スタジアムで行うリーグ戦では史上3番目の入場者数となった3万5242人を集めた今年最初の大阪ダービー。ガンバ大阪セレッソ大阪の一戦は、1-0でホームのG大阪が勝利した。今季2勝目を挙げたG大阪は、最下位を脱出。C大阪のリーグ戦の連勝は4でストップした。

 ルヴァン杯から中2日となるホームのG大阪は高卒2年目、J1初出場となるMF高江麗央を先発で抜擢。また負傷離脱したFW長沢駿に代わる1トップはFWファン・ウィジョが務め、レヴィー・クルピ監督の古巣戦にもなる一戦に臨んだ。

 一方のACLから中3日となるC大阪。敵地で広州恒大に敗れた一戦は主力を出場させなかったが、この日は日本代表FW杉本健勇やMF山口蛍、FW柿谷曜一朗といった選手をスタメンに並べた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半から気持ちがぶつかり合う激しい試合になった。チャンスを作っていたのはC大阪。開始50秒でMF山村和也がミドルを狙うなど、G大阪ゴールに迫る。同11分には杉本が右サイドに展開。MF水沼宏太がクロスを上げると、フリーの柿谷がヘディングで合わせたが、GK東口順昭がビッグセーブで弾き出した。

 そしてこの直前のプレーでアクシデントが起こっていた。東口が前に出てパンチングで防ぎにいった際に、DF三浦弦太と接触。三浦が倒れている中で、東口は戻ってファインセーブを見せていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。