阿部海大の弾丸ショットはクロスバー…岡山は岐阜と0-0ドロー、首位陥落の可能性も

[4.21 J2第10節 岡山0-0岐阜 Cスタ]

 J2第10節1日目が21日に行われた。首位ファジアーノ岡山はホームで18位FC岐阜と対戦し、0-0のドロー。勝ち点1の上積みにとどまり、明日に試合を行う勝ち点3差の2位大分の結果次第では、首位陥落の可能性も出てきた。

 常にポゼッションで上回ったのは岐阜だったが、岡山はリーグ最少タイとなる9試合中3失点の堅守をベースにゴールを許さない。逆に相手の隙を突き、セットプレーやカウンターから多くの好機を作った。

 前半21分には東福岡高から今季加入のDF阿部海大がPA手前右でこぼれ球に反応し、右足でシュート。DF田森大己に当たり、跳ね返りを左足で蹴り込もうとするが、強烈なシュートはクロスバーを直撃する。さらに弾かれたボールにFW伊藤大介が頭から飛び込む。しかし、GKビクトルのファインセーブに遭った。

 岐阜もFW田中パウロ淳一、FW風間宏矢、FW古橋亨梧らの個人技を生かして攻め込むと、前半アディショナルタイム2分にPA内左で仕掛けた風間がバランスを崩しながらも右足でシュート。だが、わずかにゴール右へ外れ、スコアレスで前半を折り返した。

 後半も1点を巡って激しく争う両チーム。岐阜は後半34分にセットプレーからDF阿部正紀がドンピシャのヘディングシュートを放つも、オフサイドの判定となる。岡山も数秒後、阿部のフィードで抜け出したFW赤嶺真吾がネットを揺らすが、その前に相手DFと交錯したFWリカルド・サントスがファウルを取られ、得点は認められなかった。

 結局、スコアは最後まで動くことなく試合終了。岡山は2戦連続ドローで3試合負けなし(1勝2分)、岐阜は3戦連続ドローで4試合未勝利(3分1敗)となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第10節1日目 スコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年4月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「コンサドーレ札幌」のニュース

次に読みたい関連記事「コンサドーレ札幌」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。