「変わらず格好良かった」好セーブ連発の曽ヶ端、敵将の恩師も賛辞

「変わらず格好良かった」好セーブ連発の曽ヶ端、敵将の恩師も賛辞
サポーターの歓声に応えるGK曽ヶ端準

[5.5 J1第13節 鹿島1-0浦和 カシマ]

 かつての教え子を手放しで称えた。鹿島アントラーズのGK曽ヶ端準が好セーブを連発し、完封勝利に貢献。今季リーグ戦初先発となった前節の長崎戦(2-1)に続く勝利でチームを今季初の2連勝に導いた。

 1-0の前半36分、バックパスから自陣PA内でDF昌子源がボールを失った場面では浦和MF橋岡大樹のシュートを至近距離でストップ。後半2分にはFW武藤雄樹、同7分にもFW興梠慎三の決定的なシュートを弾き出した。

 これには敵将であるオズワルド・オリヴェイラ監督も「曽ヶ端が素晴らしいプレーをしたと思う。いまだに現役でこのような姿を見せている曽ヶ端を素晴らしく思う」と称賛。07年から11年まで鹿島を率い、リーグ3連覇など6つのタイトルを獲得した元指揮官は、当時からゴールを守る38歳のベテランへの賛辞を惜しまなかった。

「試合前は話していない。試合が終わって少し話した。他愛もないこと」。そう明かした曽ヶ端は「変わらず格好良かった」と笑みを見せ、恩師との再会を喜んだ。

 後半は浦和にボールを持たれる時間も長かったが、チーム全体が高い集中力を保ち、球際でも厳しく戦った。報道陣から「チームとして強い気持ちが出ていた」と指摘されると、「いつもやらないといけない。今日だからということではない」としながらも、「満員のスタジアムであったり、相手が浦和であったり、多少いろんな要素はあったと思う」と認める。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。