[球蹴男児U-16リーグ]「一番良かった」守りで九国大付を完封。連覇狙う大津が1-0勝利

[球蹴男児U-16リーグ]「一番良かった」守りで九国大付を完封。連覇狙う大津が1-0勝利
前半32分、大津高MF辻周佑が右足シュートを決める

[5.5 球蹴男児U-16リーグD1第3節 大津高 1-0 九州国際大付高 大津陸上競技場]

 5日、「2018 球蹴男児U-16」Division1第3節で連覇を狙う大津高(熊本)と九州国際大付高(福岡)が対戦。大津が1-0で勝った。

 5バックで守りを固める九国大付を大津が攻め立てた。DF間へ正確なパスを通す10番MF藤井瑛斗や足技巧みなMF一橋昌樹、またDFの背後を取る動きから決定機に絡んだFW半代将都らがゴールに迫る。そして前半32分にはボランチの位置から前方に空いたスペースを突いたMF辻周佑が右足シュートを決めて先制した。

 大津は個で相手DFを剥がす力のある右SB濱田冬河やCB金子遼太郎がサイドでチャンスに絡み、決定的なシーンを作り出す。平岡和徳総監督も高く評価していた金子やCB猪谷匠、元日本代表MF磯貝洋光と親戚のGK礒貝琉ノ介が後方で安定した守り。だが、交代出場のFW宮原愛輝の無回転FKを含めて再三シュートを放っていたものの、MF川西翼やGK向野励哉ら中心に守る九国大付から2点目を奪うことができない。
 
 逆に我慢強い守りで1点差を維持した九国大付は後半13分、3枚替えで攻撃へシフト。37分にはFW磯崎碧がスルーパスで抜け出し、千載一遇のチャンスを迎える。だが、磯崎の左足シュートはヒットせず。後半、相手の背後を突き、MF小松風登やMF井上悠真が力強い動きでチャンスを作り出そうとしていた九国大付だが、最後まで1点を奪うことができず、0-1で敗れた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。