先制弾にOG誘発の鈴木優磨、3発先勝にも「0-0の気持ちで」

先制弾にOG誘発の鈴木優磨、3発先勝にも「0-0の気持ちで」
後半30分、クロスに競り合ったFW鈴木優磨が相手のオウンゴールを誘う

[5.9 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 鹿島3-1上海上港 カシマ]

 “鬼門”突破へ前進した。鹿島アントラーズはホームでの第1戦に3-1で先勝。貴重な先制点を決めたFW鈴木優磨は3点目となるオウンゴールも誘発し、勝利に貢献した。

「(試合の)入りからいい試合ができた。今日の試合に関して言えば、いい時間帯に点が取れたのが勝利の大きな要因だと思う」。スコアレスで迎えた前半43分、MF永木亮太の左CKからDF昌子源が競り合ったボールがゴール右隅に飛ぶと、ゴールラインぎりぎりでGKがかき出したが、鈴木がすかさず右足で蹴り込んだ。

 1-0で折り返した後半4分にもMF遠藤康の右CKからこぼれ球をDF西大伍が押し込み、追加点。前半終了間際と後半立ち上がりの得点で試合を優位に進めた。後半30分にはDF安西幸輝の左クロスに鈴木がファーサイドから飛び込み、競り合ったDFユー・ハイに当たったボールがゴール左隅に吸い込まれた。

「オウンゴールになったけど、あそこに詰めなければオウンゴールにならなかった」。そう胸を張った鈴木だが、そのわずか1分後に失点。アウェーゴールを許し、3-1となったことに「本当は3-0で終わりたかったけど、最低限の結果」と悔しさを隠さなかった。

 過去5回、進出している決勝トーナメントはいずれも初戦で敗退している。2点リードのアドバンテージを手にしたとはいえ、16日に敵地で行われる第2戦に向け、「違った試合になると思うし、守りに行けば負ける」と表情を引き締める。この日、負傷欠場した上海上港のFWフッキについても「予想だけど、フッキ選手も出てくると思う」と警戒し、「0-0の気持ちで、点を取りに行く気持ちで戦いたい」と力説した。

(取材・文 西山紘平)
●ACL2018特設ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。