プレデター18の魅力を語り尽くせ!!内田篤人がスパイクの“プロ”と緊急座談会

プレデター18の魅力を語り尽くせ!!内田篤人がスパイクの“プロ”と緊急座談会
アディダスの「プレデター18.1」を手に持つDF内田篤人

 アディダスが2017年11月に発売した「プレデター18.1」は、アディダスの伝統とイノベーションを融合した新しいサッカースパイクだ。1994年に登場した初代プレデターからの系譜を受け継ぎつつ、最新のテクノロジーを搭載。まったく新しいプレデターに進化を遂げ、ボールコントロールコンセプトのスパイクとして確固たる地位を築いている。DF内田篤人(鹿島)も昨年11月から実際に「プレデター18.1」着用し。履き心地の良さとボールコントロール性能の高さを実感している。

 ゲキサカでは今回、アディダスでスパイク開発を担当する山口智久氏、日本初のスパイクマイスターとしてゲキサカでもお馴染みのKohei氏に参加してもらい、内田と3人で座談会を実施。「プレデター18.1」の魅力を大いに語り合ってもらった。
プレデター18の魅力を語り尽くせ!!内田篤人がスパイクの“プロ”と緊急座談会
プレデター18の魅力を語り尽くせ!!内田篤人がスパイクの“プロ”と緊急座談会
座談会を行う(右から)内田篤人、山口智久氏、Kohei氏
山口 まず、あらためて「プレデター18.1」の主な性能をご説明させていただきます。「プレデター18.1」はボールコントロールがコンセプトのスパイク。最新のニット素材を使い、ソックス一体型構造で足をホールドしながらプレデターならではの凸凹フィン構造がプレイヤーのボールコントロールをサポートするのが特長です。昔のプレデターは今に比べてかなり重かったのですが、現在の「プレデター18.1」は軽量化を実現した中で、柔らかいニット素材を使いながら、それでもフィン構造を通じてしっかりとボールに力を伝えることのできるスパイクに仕上がっています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内田篤人 クラブW杯
  2. 内田篤人 鹿島アントラーズ
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内田篤人 + クラブW杯」のおすすめ記事

「内田篤人 + クラブW杯」のおすすめ記事をもっと見る

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュース

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。