“バケモン”“ヤバイ”興國のスーパールーキー、FW樺山諒乃介。目指すは代表入りと「大迫超え」

“バケモン”“ヤバイ”興國のスーパールーキー、FW樺山諒乃介。目指すは代表入りと「大迫超え」
興國高のスーパールーキー、FW樺山諒乃介はインハイの悔しさを選手権でぶつける

 来季からのレノファ山口加入内定が決まった左SB起海斗(3年)が「バケモンです。あんな選手、見たことないです」と語り、J注目の快足アタッカー・10番FW村田透馬(3年)は「(中学時代の彼の)動画を見た時に、興國の中でも『ヤバイ』みたいになっていた」と明かす。

 今年、FW大垣勇樹(現名古屋)、MF西村恭史(現清水)、FW島津頼盛(現金沢)と3選手をJリーグに送り出した“育成の興國高”の逸材たちが認めるスーパールーキー。入学からまだ1か月強のFW樺山諒乃介(1年)について、賛辞ばかりが聞こえてくる。

 大阪の強豪、RIP ACE時代にクラブユース選手権関西大会でMIPに選出されるなど注目されていたエースは、高円宮杯プレミアリーグのJクラブユースや高体連の強豪などが争奪戦を繰り広げた末、大阪の新鋭・興國で3年間プレーすることを決めた。「Jは環境良いんですけれども、僕自身、高校サッカーがテレビで見ていて格好良くて、元々性格が目立ちたがり屋なので、一発(高校サッカーで上を)目指したいのとプロになりたいと思って決めました」。他にも理由がある。まず一つめは同じ中学校出身の村田の存在だ。

 所属していたクラブチームは違ったものの、中学時代、村田とは一緒に遊んだり、軽くボールを蹴る機会もあった先輩なのだという。その村田は興國の2年間で飛躍的成長。「俺が中3になった時に(村田)透馬くんを見たら化けていて、足速かったくらいの人がここまでドリブル上手くなっていた。興國を選んだ理由は透馬くんの存在が大きかった」と説明する。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。