高知4強出揃う…明徳義塾、岡豊、土佐、高知中央が準決勝へ

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)高知県予選は19日、準々決勝を行った。

 2年連続10回目の全国総体出場を目指す明徳義塾高は高知工高と対戦し、後半に奪った決勝点により1-0で勝利。土佐塾高を4-0で下した新人戦優勝校・岡豊高も4強入りを果たした。

 新人戦4強の土佐高高知西高と対戦。1-1で突入した延長後半に決勝点を挙げ、2-1で競り勝った。高知中央高と高知農高の一戦は、2回戦で新人戦準優勝の高知高を破った高知中央が3-1でベスト4進出を決めている。

 なお、準決勝は明日20日に行われ、岡豊と明徳義塾、土佐と高知中央とが決勝進出をかけて戦う。

[準々決勝](5月19日)
岡豊高 4-0 土佐塾高
高知工高 0-1 明徳義塾高
土佐高 2-1(延長)高知西高
高知農高 1-3 高知中央高

[準決勝](5月20日)
岡豊高 - 明徳義塾高
土佐高 - 高知中央高
●【特設】高校総体2018

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。