立て続けの“疑惑判定”でリズム狂ったか…凡ミス含む3失点の名古屋、新体制の柏に敗れて13戦勝ちなし

立て続けの“疑惑判定”でリズム狂ったか…凡ミス含む3失点の名古屋、新体制の柏に敗れて13戦勝ちなし
柏が敵地で名古屋に3-2で勝利

[5.20 J1第15節 名古屋2-3柏 豊田ス]

 暫定13位の柏レイソルが敵地で最下位の名古屋グランパスを3-2で退け、3試合ぶりの勝利を収めた。前半16分にFW江坂任が先制ゴールを決め、同41分にFWジョーの同点弾を浴びるが、後半2分にセットプレーからMF中山雄太が勝ち越し点をマーク。同11分に相手の軽率なミスを突いて江坂が追加点を挙げると、同19分にMF玉田圭司にネットを揺らされたものの、1点差で逃げ切った。一方の名古屋は2連敗。13試合未勝利(3分10敗)でリーグ中断を迎えることになった。

 柏は13日に下平隆宏前監督が成績不振で解任され、今季からヘッドコーチを務めていた加藤望氏が新指揮官に就任。ルヴァン杯から中3日の名古屋に対して中7日と日程面のアドバンテージを生かし、前半16分に先制する。

 PA内右に進入したMF小泉慶がマイナスに折り返し、FW伊東純也が右足で放ったシュートはMFワシントンにブロックされるが、跳ね返りに江坂が反応。右足でゴール左に蹴り込み、2試合ぶりとなる今季5得点目を挙げた。

 1点を追う名古屋は前半35分に左CKを獲得すると、FWガブリエル・シャビエルのクロスをニアのワシントンがフリックし、ファーのMF和泉竜司が右足でゴール右隅に突き刺す。しかし、副審が旗を上げ、判定はオフサイド。和泉がシュートを打った瞬間、オフサイドポジションにDF畑尾大翔と玉田が残っており、両選手の位置はボールの軌道上から距離があったようにも見えたが、GK

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。