独走に待った!広島が今季2敗目…“休養十分”C大阪が高木俊幸の2発で快勝

独走に待った!広島が今季2敗目…“休養十分”C大阪が高木俊幸の2発で快勝
C大阪がFW高木俊幸の2発で広島撃破

[5.20 J1第15節 広島0-2C大阪 Eスタ]

 首位を独走するサンフレッチェ広島に今季2度目の土がついた。ホームでセレッソ大阪と対戦した広島は、0-2で敗戦。5試合ぶりとなる敗戦で、連勝は4で止まった。
 
 ルヴァン杯ではグループリーグ敗退となった広島だが、リーグ戦では首位を独走。約2か月の中断前の一戦に勝利し、今季2度目の5連勝を飾れるか。メンバーはFWティーラシンが5試合ぶりに先発復帰した。

 C大阪はACLの関係で2週間ぶりのリーグ戦となる。1試合少ないが、試合前の段階で広島と勝ち点差14の5位。差を縮めて中断期間を迎えたい。5月5日の長崎戦との先発変更はMF清武弘嗣とFW杉本健勇が復帰した。[スタメン&布陣はコチラ]

 開始5分にC大阪がチャンス。日本代表MF山口蛍が右サイドに展開すると、MF福満隆貴がダイレクトで折り返す。これを杉本が流し込むが、福満のポジションがオフサイドと判定され、得点は認められない。

 広島も前半14分にMF稲垣祥のシュートでチャンスを作る。さらに同29分にはFWパトリックのヘディングでの落としからDF水本裕貴がゴールを狙うが、いずれも韓国代表GKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。

 スコアレスで折り返した後半、すぐにC大阪にアクシデント。3分に清武が自ら交代を要求。自力歩行でベンチに引き上げていった。代わって7分からFW高木俊幸が緊急出場することになった。清武は今月2日の名古屋戦での前半途中に交代。日本代表メンバーからも落選した清武。復帰戦でまたも途中交代となってしまった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。