履正社、阪南大、関西大北陽、金光大阪が決勝リーグ進出!:大阪

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)大阪府予選は、20日に7回戦が終了。決勝リーグに進出する4校が決定した。

 高円宮杯プレミアリーグWESTに所属する阪南大高は、プリンスリーグ関西の近大附高と対戦し、前後半で1点ずつ奪って2-0で完封勝利した。2016年に共に全国出場を果たした履正社高大阪学院大高の一戦は、履正社が1-0で逃げ切った。

 関西大北陽高は選手権出場の大阪桐蔭高を1-0で下し、4強入り。プリンスリーグ関西勢の金光大阪高は、昨年の優勝校・東海大仰星高を6回戦で破って勝ち上がった桃山学院高に1-0で競り勝った。

 勝利した関西大北陽、金光大阪、履正社、阪南大高の4校は決勝リーグへ進出。総当たりのリーグ戦を行い、上位2校が全国大会に出場する。

[7回戦](5月20日)
大阪桐蔭高 0-1 関西大北陽高
履正社高 1-0 大阪学院大高
桃山学院高 0-1 金光大阪高
近大附高 0-2 阪南大高

【決勝リーグ】
[第1節](5月27日)
関西大北陽高 - 金光大阪高
履正社高 - 阪南大高

[第2節](6月2日)
関西大北陽高 - 阪南大高
履正社高 - 金光大阪高

[第3節](6月3日)
関西大北陽高 - 履正社高
金光大阪高 - 阪南大高

●【特設】高校総体2018

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。