Jリーグが事業規模で史上初の1000億円突破!17年度営業収入で浦和が史上最高営業収益

Jリーグが事業規模で史上初の1000億円突破!17年度営業収入で浦和が史上最高営業収益
ACLを制した浦和が史上最高営業収益を記録した

 Jリーグは25日、3月決算の3クラブ(柏レイソルジュビロ磐田、Y.S.C.C.横浜)を除く51クラブの17年度経営情報を開示した。J1・J2・J3合計の事業規模(営業収益の合計)が、史上初めて1000億円を突破する1030億8700万円となった。

 16年度との比較では営業収益が100億5800万円増加。DAZNとの契約により、Jリーグの配分金が55億1800万円増加したことが主な要因だが、会見した青影宜典クラブ経営戦略部部長は「45億円は経営努力」と評価した。

 クラブ別では、浦和レッズが史上最高営業収益となる79億7100万円を計上。自身が持っていた2007年の記録を数百万円上回った。

 クラブライセンス制度に関係する3期連続赤字クラブはなし。債務超過のクラブもなかった。ただし、鹿島アントラーズアルビレックス新潟ガンバ大阪ヴィッセル神戸水戸ホーリーホックジェフユナイテッド千葉横浜FC湘南ベルマーレツエーゲン金沢京都サンガF.C.レノファ山口FCガイナーレ鳥取FC琉球が単年赤字。そのうち、金沢、京都、鳥取、琉球の4クラブが2期連続赤字となった。

 なお、これまで3期連続赤字を計上した場合、ライセンスを失うことになっていたが、18年より3期以上連続して赤字を計上した場合でも、前年度の当期純損失の額の絶対値を上回っている場合は、ライセンスを失効しないという規定の変更がされている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年5月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。