「選手権から大学サッカーへ」法政大MF田部井涼「私生活、日々の生活は高校時代よりもこだわっていると思います」

「選手権から大学サッカーへ」法政大MF田部井涼「私生活、日々の生活は高校時代よりもこだわっていると思います」
前橋育英高の主将として選手権優勝を経験した法政大MF田部井涼

 ゲキサカでは高校選手権で活躍し、今春から関東大学1部リーグのチームへと戦いの場を移した注目の1年生プレーヤーたちを特集。「選手権から大学サッカーへ」と題し、大学へ進学してから1、2か月経った1年生の現状や普段の大学生活、高校時代について、また大学のチームメートの“ヤバいやつ”などについて語ってもらった。

 第1回は法政大の注目ルーキーたち。前橋育英高(群馬)の主将として同校を高校選手権初優勝へ導き、日本高校選抜でも主将を務めたMF田部井涼がインタビューに応えてくれた。(取材日:5月18日)。

●MF田部井涼
―入学から1か月半ほど経ちました。肩の手術をしたりでサッカーだけでなく生活環境など色々変わったことがあると思うが?
「一番大きな決断は手術だったので。ちょうど1か月前に高校選抜を優勝(デュッセルドルフ国際ユース大会)という形で終わることができて、(関東大学1部)リーグ戦にも出ることができました。そこで自分にも迷いがあって。選抜で結果を残せましたし、リーグ戦にも出れて、代表も視野に入れられる状況だったんですけれども、目先の目標じゃなくて、4年後にプロになるという目標が自分にはあるので、それ(手術)を決断したことが自分にとってこの1か月で一番大きな出来事だったと思います」

―1年生でリーグ戦デビューし、代表入りのチャンスも。手術前は葛藤があったと思うが?
「(手術することを)自分の中では決めていました。自分の中では(選手権や大学サッカーで)こんなに結果を残せると思っていなくて。でも、(昨年12月の)プレミア参入戦で最後肩が抜けたので手術するって決めて、時期的にはこの時期に手術するしかないというタイミングでやりました」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年6月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら