U-16日本代表はパラグアイに“前向きな”惜敗。森山監督「今までにない部分を感じることができた」

U-16日本代表はパラグアイに“前向きな”惜敗。森山監督「今までにない部分を感じることができた」
後半11分、日本はFW青木友佑(FC東京U-18)が右足シュートを決めて1点差としたが…

[6.13 U-16インターナショナルドリームカップ第1節 U-16日本代表 2-3 U-16パラグアイ代表 ユアスタ]

 日本、スペイン、セネガル、そしてパラグアイのU-16年代の代表チームが総当たりのリーグ戦で優勝を争う「U-16 インターナショナルドリームカップ2018 JAPAN presented by 朝日新聞」が、13日に仙台市のユアテックスタジアム仙台で開幕した。U-16日本代表はU-16パラグアイ代表と対戦し、2-3で敗戦。日本は15日の第2節でU-16セネガル代表と戦う。

 U-16日本代表は今年9月に開幕するAFC U-16選手権(マレーシア)に出場。19年U-17W杯の出場4枠を懸けた決戦を控えている。アジアの戦い、その先の世界での戦いへ向けた貴重な強化の場となるインターナショナルドリームカップ初戦は黒星で終えた。

 だが、森山佳郎監督が「ポジティブで今までにない部分を彼らに感じることができた。まだまだ足りないですけれども、日常やり込めていない選手たちが、かなりバトルを楽しめたというくらいやれた」と頷いたように、チームにとっては大きく変化するきっかけになる試合に。5月の中国遠征では中国やキルギス相手に逃げてしまっていた部分があったという。また今回の合宿では宮城県選抜相手にも引いてしまう部分も。この日は精度、ゴールを決める質がまだ足りなかったのは確かだが、南米勢相手の「バトル」で戦う姿勢が全面に出るなど変化した部分が見えたことを指揮官は喜んでいた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年6月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。