目標は選手権の8強超え、日本一。明秀日立が雨中の茨城頂上決戦制す!!

目標は選手権の8強超え、日本一。明秀日立が雨中の茨城頂上決戦制す!!
全国大会で日本一に挑戦する明秀日立高イレブン

[6.20 総体茨城県予選決勝 明秀日立高 2-0 鹿島学園高 カシマ]

 20日、平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)茨城県予選決勝が行われ、1月の全国高校選手権で初の8強入りをした明秀日立高とインターハイ予選3連覇を狙う鹿島学園高が対戦。明秀日立がFW森本健太郎(3年)と交代出場MF津村夢人(3年)のゴールによって2-0で勝ち、3年ぶり3回目となる全国大会出場を決めた。

 激しい雨の中で開催された茨城頂上決戦は明秀日立が勝利した。エースFW二瓶優大(3年)が膝のけがのために長期離脱中の明秀日立だが、注目CB高嶋修也(3年)やCB飯塚翼(3年)、MF成島茉宏(3年)、MF作山雅紀(3年)の選手権8強メンバーが先発。一方の鹿島学園はいずれも昨年の優勝メンバーであるCB佐藤悠(3年)やエースFW金原朝陽(3年)がスタメンに名を連ねた。

 前半2分、明秀日立が先制パンチを放つ。飯塚の縦パスをFW鎌上翔平(2年)が競り勝つと、一瞬の加速で相手の背後を取った森本がGKとの1対1から左足シュートを流し込んだ。準決勝で先発を外れたFWがいきなり残した結果。成島が「最初から行ってやろうと。自分たちは入り方をしっかり徹底して前から行くようにしている。その形がハマったので良かった」と語り、森本は「1点獲れば絶対に勝てるという気持ちがある。高嶋はじめ飯塚、深町で安定して守ってくれる。(守備面には)自信がありますね」とDF陣への信頼感を口にしていたが、立ち上がりからプッシュした明秀日立が大きな1点をもぎ取った。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年6月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。