前半からそれをやるか…スペイン、“イランの術中”にハマりかけるもD・コスタのラッキー弾で辛勝!

前半からそれをやるか…スペイン、“イランの術中”にハマりかけるもD・コスタのラッキー弾で辛勝!
スペインが辛くもイランに1-0で勝利

[6.20 ロシアW杯B組 イラン0-1スペイン カザン]

 ロシアW杯グループB第2節が20日に行われ、スペイン代表イラン代表と対戦し、苦しみながらも1-0で勝利した。フェルナンド・イエロ監督体制初白星で1勝1分としたスペインは、暫定首位のポルトガルと勝ち点4で並び、1勝1敗のイランは3位に後退。第3節は25日に開催され、スペインはモロッコ、イランはポルトガルと対戦する。

 初戦のモロッコ戦を1-0で制してB組首位スタートを飾ったイランは、相手ボール時に5バックの布陣を敷き、低い位置でスペインを待ち構える。最前線のFWサルダル・アズムンも自陣PA付近でディフェンスに参加し、時にはフィールド選手10人がPA内で守る超守備的戦術を採用した。

 スペインは圧倒的にボールを支配し、多くの時間を敵陣で過ごすが、なかなか相手の守備を崩すことはできない。前半30分、左CKのショートコーナーからMFアンドレス・イニエスタが右足でクロスを送り、相手DFに頭で触られてファーに流れたボールをDFジェラール・ピケがヘッドで折り返す。ゴール前のFWダビド・シルバが左足のジャンピングボレーを試みるが、クロスバーを越えた。

 イランは敵陣でセットプレーを得ると、ゆっくりと時間をかけて行う。前半39分には右CKの際に味方のDFマジド・ホセイニと接触したDFエフサン・ハジサフィが右足を痛めて倒れ、イランがボールを出して試合が一時中断した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年6月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。