「W杯に消化試合はない」西野監督、敗退決定のポーランドを警戒
拡大する(全1枚)
公式会見に出席する西野朗監督

 日本代表は27日、試合会場のボルコグラード・アリーナで公式練習を行い、28日のW杯グループリーグ最終戦・ポーランド戦に向けて最終調整した。練習前には西野朗監督が公式会見に出席。「チームにはまだまだ力が残っていると思うので、出し切った良いゲームをしたい」と意気込んだ。

 ベースキャンプ地のカザンから前日26日夜にボルゴグラードに入った。気温35度を超える猛暑には「昨日、(チャーター機の)タラップを降りて、気温というより湿度がかなりあるなという感じがした。それは予想以上だった」と率直に認める。しかも中3日の連戦となるが、「選手の体調がそれによって(影響を受けている)というのはあまり感じられない。(1戦目、2戦目と)ゲームをいい形で進められて3戦目を迎えられる。疲れも半減しているのかなという感じもする」との印象を口にした。

 とはいえ、「実際、一人ひとりが疲弊している中で戦わないといけない」のも事実。「しかも、このコンディションなので、明日のメンバーに関しては、今日のトレーニングの中で最終的に確認して、それによって最終的に決定したいと思う」と、先発メンバーを入れ替える可能性に関しては言葉を濁した。

 ここまで2連敗のポーランドはすでに敗退が決まっているが、「W杯に消化試合はあり得ないと思う」と強調。「敗退が決まっているポーランドだが、何とか日本に一矢(報いたい)という思いがあると思うし、世界屈指のストライカーである彼(レワンドフスキ)にとっても、何としてもゴールをという気持ちでいると思う」と警戒を強め、「強いポーランドが明日いると思うので、それ以上のスピリットを持って戦わないといけない」と力説した。