日本代表にとってのロシアW杯は、3度目のベスト16という結果で終わった。すでにFW本田圭佑が次回大会不出場を表明するなど、史上最高の『平均年齢28.3歳』となったメンバーの世代交代は必至。4年後のカタール大会に向けて、過去の例を振り返ってみたい。

■1998年フランスW杯 グループリーグ3敗
 日本が初めて参加した1998年フランス大会は平均年齢25.3歳の22人で臨んだ。30歳のDF井原正巳主将、29歳のMF山口素弘を始め、22歳だったエースFW城彰二ら14人が最初で最後のW杯日本代表となった。世代交代という影響だけでなく、年少世代の突き上げも大きかった。

■2002年日韓W杯 グループリーグ2勝1分 ベスト16
 2回目の出場となった2002年日韓大会は、2大会連続出場となった34歳のFW中山雅史を最年長とする平均年齢25.3歳(全大会中最も若い)の23人で挑んだ。当時25歳のDF松田直樹とFW鈴木隆行ら12人が最後のW杯に。30歳以上の3人は全員が2年後のアジア杯にも出場しなかった。

■2006年ドイツW杯 グループリーグ1分2敗
 ジーコ監督の下で出場した2006年のドイツ大会では、32歳のGK土肥洋一を最年長とする平均年齢27.3歳の23人が選ばれた。当時29歳のMF中田英寿、同27歳のFW高原直泰ら15人はこれが最後のW杯メンバー入りとなった。なお、フィールドプレーヤーは全員が20代だった。