C・ロナウドのユベントス移籍は“プランB”だった…

C・ロナウドのユベントス移籍は“プランB”だった…
クリスティアーノ・ロナウドのユーベ移籍は“プランB”?

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにとって、ユベントス移籍は“プランB”だったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

 ユベントスは10日、レアル・マドリーからC・ロナウドを獲得したことを発表。移籍金は1億1200万ユーロ(約146億円)、年俸は3000万ユーロ(約39億円)とみられている。1着92ポンド(約1万4000円)のユニフォームは11日に販売開始されると、初日で52万枚を売り上げ、早くも“クリロナ効果”の恩恵を受けている。

 だが、カルロ・アルビーノ記者によれば、C・ロナウドの本命はナポリだったという。アルビーノ記者は、カルロ・アンチェロッティ氏とナポリとの接触をスクープした『TVルナ』の記者だ。

「ナポリが移籍金を支払っていれば、クリスティアーノ・ロナウドはナポリのジャージを着ていただろう」と語るアルビーノ記者。「ポルトガル人スターにとって、ユベントス行きは“プランB”だった。代理人のジュルジュ・メンデスは、ナポリや同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と強い結びつきがある。だから、代理人はナポリに売り込んだ。しかし、彼らが支払いに難色を示したため、ユーベに向かった」と、ユベントス移籍は妥協案だったと激白した。

 カンパニア洲の地域放送局 『TVルナ』のスクープ通り、アンチェロッティ氏はナポリの新監督に就任。レアル時代に指導を受けた恩師との再会は叶わなかったC・ロナウドだが、アンチェロッティ氏に電話でセリエAのサッカーに適応するためのアドバイスを求めたという。
●セリエA2017-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クリスティアーノ・ロナウド バロンドール
  2. クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル代表
  3. クリスティアーノ・ロナウド ユヴェントス
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年7月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クリスティアーノ・ロナウド + 移籍」のおすすめ記事

「クリスティアーノ・ロナウド + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「クリスティアーノ・ロナウド + 子供」のおすすめ記事

「クリスティアーノ・ロナウド + 子供」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュース

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。