鹿島が6年ぶり6発大勝!中村航輔欠場の柏は大敗

鹿島が6年ぶり6発大勝!中村航輔欠場の柏は大敗
前半11分、FW鈴木優磨が倒れ込んだまま先制点を決める

[7.22 J1第17節 鹿島6-2柏 カシマ]

 鹿島アントラーズはホームで柏レイソルに6-2で大勝し、3試合ぶりの白星を飾った。鹿島の1試合6ゴールは12年5月19日の札幌戦(7-0)以来、6シーズンぶり。柏の1試合6失点は13年5月26日の浦和戦(2-6)以来、5シーズンぶりとなった。

 鹿島は前節18日の磐田戦(3-3)を欠場したDF昌子源がロシアW杯後初出場。ベルギー1部セルクル・ブルージュに移籍したDF植田直通に代わってDF犬飼智也とコンビを組み、キャプテンマークを巻いて先発した。一方の柏は前節のFC東京戦(0-1)で負傷交代し、脳震盪と診断されたGK中村航輔が欠場。GK桐畑和繁がゴールを守った。

 試合は序盤から激しく動く。鹿島は前半11分、MF永木亮太の浮き球のパスに反応したMF中村充孝がPA内右に切れ込み、GKを引き付けて横パス。シュート体勢に入ったFW鈴木優磨はDFにつぶされたが、倒れたまま右足を振り、無人のゴールネットを揺らす。鈴木の2試合ぶり今季5得点目で先制に成功した。

 柏も直後の前半17分、DF小池龍太の右クロスをPA内で受けたFWクリスティアーノがヒールパス。後方から走り込んだMFキム・ボギョンが左足でゴール左隅に流し込み、1-1の同点に追いついた。

 それでも鹿島が前半終了間際の連続ゴールで勝利を大きく手繰り寄せる。前半41分、右サイドでパスを受けた鈴木がドリブルで中に切れ込み、左足を一閃。強烈なミドルシュートがニアサイドを破り、2-1と勝ち越した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年7月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。