“東京世代”の広島MF森島司、左手骨折で全治約2か月

“東京世代”の広島MF森島司、左手骨折で全治約2か月
全治約2か月と診断された広島MF森島司

[故障者情報]

 サンフレッチェ広島は7日、MF森島司が5日のトレーニング中に負傷し、翌6日に手術を受けたと発表した。症状は左第3~4中手骨の骨折で、全治約2か月だという。

 1997年生まれの森島は2年後の東京五輪を目指す“最年長世代”。8月中旬~下旬に行われるアジア大会に臨むU-21日本代表には選出されていなかったが、AFC U-23選手権やトゥーロン国際大会に帯同していた。

 今季クラブではリーグ戦1試合の出場にとどまっている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月7日のサッカー記事
「“東京世代”の広島MF森島司、左手骨折で全治約2か月」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    森島選手も宮市選手も怪我を治して頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。