アジア大会に臨むU-21日本代表でメンバー変更、C大阪MF舩木に代わって磐田DF大南を招集

アジア大会に臨むU-21日本代表でメンバー変更、C大阪MF舩木に代わって磐田DF大南を招集
大南拓磨(磐田)を招集

 日本サッカー協会(JFA)は12日、第18回アジア競技大会に出場するU-21日本代表において、MF舩木翔(C大阪)がケガのため不参加となったことを発表した。代わってDF大南拓磨(磐田)を招集。13日にチームに合流するという。

 D組の日本は14日にネパール、16日にパキスタン、19日にベトナムと対戦。出場25チームはA組からF組までの6グループに分かれており(A組=5チーム。B、C、D、E、F組=4チーム)、各組上位2チーム、各組3位チームの上位4チームが決勝トーナメントに進出する。
▼第18回アジア大会特集ページ

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月12日のサッカー記事
「アジア大会に臨むU-21日本代表でメンバー変更、C大阪MF舩木に代わって磐田DF大南を招集」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    頑張れ、サッカー日本代表

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。