8分間でPK3発…0-3から猛追見せた千葉、上位町田とドローに持ち込む

8分間でPK3発…0-3から猛追見せた千葉、上位町田とドローに持ち込む
FC町田ゼルビアとジェフユナイテッド千葉はドローで終了

[8.12 J2第28節 町田3-3千葉 町田]

 J2リーグは12日、第28節を各地で行い、前節終了時点で2位だったFC町田ゼルビアがホームでジェフユナイテッド千葉と対戦した。東京五輪世代のMF平戸太貴が2試合連続2ゴールという脅威的な得点力を発揮したが、3点ビハインドだった千葉がわずか8分間で3本のPKを決めて同点に。試合は3-3の引き分けに終わり、町田は暫定3位に転落した。

 4連勝中の町田は前節横浜FC戦(○3-2)から先発1人を変更し、DF藤井航大が入った。対する千葉は前節の松本戦(●2-3)から5人を変更。4試合ぶりにGKを佐藤優也に戻し、横浜FMからレンタル加入のDF下平匠がJ2初出場を迎えた他、MF熊谷アンドリュー、MF茶島雄介、MF為田大貴が先発に並んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 互いに中盤でコンパクトな布陣を取る中、奪ってからの素早い縦パスで敵陣FKを次々に獲得する町田。前半24分にFW中島裕希が右サイドで倒されると、得意のセットプレーから試合が動いた。同25分、MF平戸太貴が軽く出したボールをMF森村昂太が力強い左足キックでクロスを配給。ニアでDF大谷尚輝と競った千葉DF鳥海晃司の頭に当たり、そのままネットを揺らした。

 オウンゴールで痛い先制点を献上した千葉だったが、ショートカウンターからのサイド攻撃でチャンスをつくる。前半30分には右CKをFW船山貴之、MF工藤浩平

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。