“大会MVP”は、あの10番。“ユース教授”安藤隆人氏が選ぶ「インターハイで輝き放った」11傑

“大会MVP”は、あの10番。“ユース教授”安藤隆人氏が選ぶ「インターハイで輝き放った」11傑
安藤氏が“大会MVP”と認める活躍、山梨学院高の優勝の立て役者となったFW宮崎純真。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)は8月13日に決勝戦を行い、山梨学院高(山梨)が初優勝を飾りました。参加55校が熱戦を繰り広げたインターハイ。“ユース教授”ことサッカージャーナリストの安藤隆人氏に同大会で印象的なプレーを見せた11人を紹介してもらいます。

安藤隆人氏:「山梨学院の優勝で幕を閉じた三重インターハイ。“異常気象”と言える過酷な三重の地で輝きを放った11人を選んでいきたい。この選考はあくまで筆者が見た試合でのセレクトのため、1、2、3回戦で敗れたチームすべてを網羅出来ていませんが、見た中で輝いた選手をセレクトしました。ポイントは『伸び』を感じた選手。他にも素晴らしい選手は沢山いましたが、この11人は非常に印象深い存在でした」

GK中川真(徳島市立高、2年)
「11人の中で唯一、初戦敗退の選手を選んでみた。今大会は小柄なGKが多い中で188cmの長身を誇り、ハイボールには抜群の安定感を誇る。俊敏性もあり、幅広い守備範囲を築き上げて、ゴールに鍵をかける。今後経験を積めば、もっと面白いプレーを見せてくれるはず。期待値を含めての選出でもある」

DF福島隼斗(大津高、3年)
「対人の強さとカバーリングの上手さなど守備面は相変わらず安定感は抜群。今大会で一番光ったのは、キックの精度だ。CBの位置から長短のパスを前線、サイド、ボランチにズバズバと通す。同サイドへのボール、逆サイドへのボールを絶妙なタイミングで通して行くパスの精度は、今大会でも群を抜いていた。さすがJクラブが獲得に乗り出す選手であることを証明してみせた」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。