「スポーツライター平野貴也の『千字一景』」第76回:昨日の敵は、今日の友(アルビレックス新潟シンガポール)

「スポーツライター平野貴也の『千字一景』」第76回:昨日の敵は、今日の友(アルビレックス新潟シンガポール)
高校時代はら千葉のライバル、現在はアルビレックス新潟シンガポールでともにプレーする3人。左から星野秀平、森永卓、室伏航

“ホットな”「サッカー人」をクローズアップ。写真1枚と1000字のストーリーで紹介するコラム、「千字一景」

 5年前の夏、あなたは何をしていただろうか。三重県で開催されていたインターハイが終わって1週間が経つが、私は、5年前もインターハイの取材をしていた。2013年の決勝戦は、市立船橋高4-2流通経済大柏高という千葉県勢対決だった。勝った市立船橋は、主将の磐瀬剛(現京都)が累積警告で欠場したが、中盤に柴戸海(現浦和)、前線に石田雅俊(現沼津)、守護神に2年生GK志村滉(現磐田)がいた。対する流経大柏は、サイドMFに青木亮太秋山陽介(ともに現名古屋)、ボランチに小泉慶(現柏)、前線にジャーメイン良(現仙台)、立花歩夢(現横浜FC)を擁し、控えには2年生の小川諒也(現FC東京)がいる豪華なメンツだった。

 そして現在、決勝戦に出ていた3人が海の向こうへ渡り、アルビレックス新潟シンガポールでチームメートとしてプロ生活を送っている。主将の室伏航(市立船橋高、順天堂大出身)、副主将の森永卓、得点王争いトップの星野秀平(ともに流経大柏高、流経大出身)だ。3人は攻撃の主軸として活躍し、第18節終了時に優勝を決めた。

 ただし、気を緩められない。シンガポールリーグは今季から規定を変更。チームは23歳以下の選手で構成せねばならず、大卒選手は1年しか在籍できなくなった。来年プレーするチームを得るために、勝つのはもちろん、個人の結果も重要だと口を揃える。サッカーをツールにして海外生活を続けていきたいという室伏は、英語を勉強中。森永も海外志向が強く、サッカーだけにこだわらず、まだ見ぬ世界に飛び込んで挑戦したいという。星野には、他の東南アジアのクラブから声がかかっているようだ。シンガポールという新天地に刺激を受けながら、次のステップを探っている3人にライバル時代を振り返ってもらった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. アルビレックス新潟 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「アルビレックス新潟 + 移籍」のおすすめ記事

「アルビレックス新潟 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら