マンチェスターの両指揮官が論戦…? シティのドキュメンタリー映画をめぐって

マンチェスターの両指揮官が論戦…? シティのドキュメンタリー映画をめぐって
マンチェスターをホームとする両指揮官

 2017-18シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで駆け抜けたマンチェスター・シティのドキュメンタリー映画『All or Nothing』が今月17日、英語圏を中心にリリースされている。これについて、マンチェスターをホームタウンとするビッグクラブの両指揮官が論戦を繰り広げている。

 各50分間ずつの8エピソードで構成される『All or Nothing』はアマゾン・プライムで上映中。日本国内版で見られるのはまだ先になりそうだが、稀代のジョゼップ・グアルディオラ監督の裏側が見られるという触れ込みで、広く人気を博している。

 だが、これにマンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督が噛みついた。「ファンタスティックな映画をつくるのは良いと思うが、他者に敬意を払う必要があるだろう。なにも無礼になる必要はない」。テレビインタビューでこの映画について問われた際、そのように言ってのけたと『BBC』が報じている。

 さらにはマンチェスター・Cが行っていた大型補強が番組内でフォーカスされていたというのを聞きつけて、「映画を見たわけではないね。しかし、君たちは金満クラブで、世界中からトッププレーヤーを買うことができるとしても、“格式”を買うことはできない」と金策を揶揄している。

 これに対し、グアルディオラ監督は猛反発している。「無礼だという言葉には同意できない。あくまでも昨季の映画だ」。そう述べた当事者は「クラブを育てていきたいし、タイトルを獲得したい。われわれのファンがロッカールームで起こっていることを見るために撮ったんだ」と指摘。「ある人は好きと言うだろうし、ある人はそうじゃないと言うだろう」と理解を求めた。
●プレミアリーグ2018-19特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら