前橋育英FW榎本に変化もたらしたU-18日本代表での「凄い衝撃」

前橋育英FW榎本に変化もたらしたU-18日本代表での「凄い衝撃」
前橋育英高のエースFW榎本樹はU-18日本代表での活動を経て変化

[8.26 プリンスリーグ関東第10節 桐光学園高 2-5 前橋育英高 桐光学園高G]

「『凄い衝撃的』で自分にも大きな変化をもたらしたかなと思いますし、今後(年代別日本代表に)呼ばれるようにまた一からやっていきたい」

 前橋育英高のエースFW榎本樹(3年)は2年時のインターハイで得点王を獲得。同年度冬の高校選手権では決勝戦で前橋育英を初の日本一へ導く決勝点を決めた。すでに来季のJクラブ加入も濃厚となっている高体連屈指のストライカーはこの夏、「衝撃的」な差を感じる機会があった。

 榎本はSBSカップ国際ユースサッカーに出場したU-18日本代表に初招集。自身初となる年代別日本代表での活動を経験した。昨年のU-17ワールドカップメンバーやJ1、J2で先発を経験している選手たちとともにプレー。ここで注目ストライカーは多くを学ぶことができたのだという。

「一人ひとりが上手くて、自分が一番下手みたいな状況でした。チームでそういうことはあまりなかったので衝撃的でしたし、一人ひとりの声とかが全然違っていてそこも衝撃的でした。凄く良い経験になったと思います」

 SBSカップは2試合に出場。、前線でボールを収め、決定的なシュートを放つなどできた部分もある。だが、無得点で最終節はベンチ外となった。もちろん、結果も求めていただけに悔しい思いがあるが、「何か盗めればいいと思っていた」という榎本にとっては充実した日々に。U-18日本代表のサポートメンバーを務めた1学年下の桐光学園高FW西川潤からも「一枚も二枚も自分よりも上手だった」「アイツからも凄く学ぶことが多かったです」と素直に学んだことを口にするFWは、これから貪欲に吸収して、いずれ彼らに追いつき、逆転することを目指していく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年8月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。