“悪魔の左足”が炸裂!ロベカルがFリーグのエキシビションマッチで4ゴール

“悪魔の左足”が炸裂!ロベカルがFリーグのエキシビションマッチで4ゴール
ロベルト・カルロスの悪魔の左足が炸裂

 8日、Fリーグ2018-19ディビジョン1の第12節が丸善インテックアリーナ大阪で共同開催され、エキシビションマッチに元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス(45)が参戦した。

 レアル・マドリーの黄金期を支えたR・カルロスは2002年日韓W杯の優勝メンバーで、左サイドバックが主戦場。左足から繰り出す強烈なキックが代名詞で、“悪魔の左足”の異名を持つ。ロシアのアンジ・マハチカラに在籍していた12年に現役を引退。トルコのクラブで監督を歴任し、15年にはインドのデリー・ディナモスFCで選手兼任監督を務めたが、同年で退任していた。

 試合は12分ハーフで開催。開始早々にFリーグ・ドリームズの佐藤亮が先制点を奪ったが、直後にアベマTV・ドリームズのルイジーニョの横パスをR・カルロスが左足で合わせ、試合を振り出しに戻した。

 さらにR・カルロスは敵陣ハーフェーライン付近で獲得したFKから左足で直接狙うが、相手GKに防がれてしまう。それでも、その直後に敵陣中央でボールを受けると、相手のプレスが遅くなったところを見逃さず、“悪魔の左足”を一閃。強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。

 前半はアベマTV・ドリームズの2-1に終わったが、後半からR・カルロスはFリーグ・ドリームズの一員として出場。開始4分にPA手前でFリーグ・ドリームズがFKを獲得すると、R・カルロスがキッカーを務めたが、今度は壁の上をふわっと越えるシュートは枠を捉えきれなかった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年9月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。