北四国決戦はスコアレスドロー…愛媛が3戦連続引き分け、讃岐は連敗ストップ

[9.8 J2第32節 愛媛0-0讃岐 ニンスタ]

 J2リーグは8日、第32節を行った。ニンジニアスタジアムでは愛媛FCカマタマーレ讃岐が対戦し、北四国決戦はスコアレスドローに終わった。

 雨が降る中、ピッチの至るところに水たまりができ、難しいコンディションとなったこの一戦。讃岐は前半16分、カウンターから左サイドのMF佐々木渉がクロスを送る。ゴール前にMF永田亮太が走り込んでいたが、PA内の水たまりによりシュートを打つことができず、チャンスを逃した。

 対する愛媛は、思うようにパスをつなぐことができず、苦しい試合展開となる。前半25分には、敵陣中央からDF前野貴徳が左足を振り抜き、強烈なシュートが枠に飛んだが、GK清水健太に弾き出された。

 讃岐は後半4分に決定機。FW木島徹也がドリブルで突破し、相手のプレスもあって態勢を崩したが、こぼれ球を回収したMF西弘則がPA内に進入してシュートを放つ。しかし、GK岡本昌弘の好セーブにより先制点とはならなかった。

 愛媛は後半27分、PA手前からの浮き球パスで裏を取ったFW近藤貴司がGKの股下を狙うが、GK清水に止められてしまう。34分には、讃岐が左CKからDF麻田将吾が地面にたたきつけたヘディングシュートを放つ。これがゴール左に飛んだが、GK岡本の横っ飛びセーブに阻まれ、互いに守護神が活躍が目立った。

 試合はそのままスコアレスでタイムアップ。愛媛は3試合連続ドローで4戦無敗(1勝3分)、讃岐は連敗を「5」で止めた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第32節1日目 スコア速報

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年9月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。