J2残留争い京都はスコアレスで貴重な勝ち点1、金沢のPK失敗に救われる

[9.8 J2第32節 京都0-0金沢 西京極]

 京都サンガF.C.ツエーゲン金沢の一戦は、0-0の引き分けに終わった。残留争いの20位に沈む京都だが、降格圏21位熊本に勝ち点1差をつけた。

 最大のピンチは後半38分、相手FW清原翔平にエリア内で粘られると、DF染谷悠太が足をかけて倒してしまう。これでPKを与えたが、清原のシュートは大きく枠上に外れた。

 スコアレスで勝ち点1を獲得した京都だが、降格圏とは勝ち点1差、最下位讃岐との勝ち点差も2と、依然厳しい戦いが続いていることに変わりはない。5戦ぶりの無失点でも、6試合ぶりの無得点と攻守のバランスが噛み合わなければ意味はない。

 ジュロヴスキー監督は「今日に関しては2トップにして、最後の闘莉王を入れたりして攻撃にリスクをかけたかった。今後はアタッキングサードのところでポゼッションをしながらスペースを探すであったり、クロスまでを効果的にやりたい」と課題を話していた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年9月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュース

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。