シティがCLで不名誉な記録…ペップの代理監督「がっかりしている」

シティがCLで不名誉な記録…ペップの代理監督「がっかりしている」
シティが欧州CLで不名誉な記録

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第1節が19日に行われ、マンチェスター・シティ(イングランド)はホームでリヨン(フランス)に1-2で敗れた。この敗戦により、不名誉な記録を作ってしまったと英『メトロ』が伝えている。

 シティは前半26分にリヨンのFWマクスウェル・コルネに先制ゴールを許すと、同43分にはFWナビル・フェキルに追加点を献上。後半22分にMFベルナルド・シウバが決めて1点を返したが、1-2でタイムアップを迎えた。

 この黒星により、昨季から通じて欧州CL4連敗。同メディアによると、イングランドのチームとしてワースト記録になるという。

 シティは昨季の決勝トーナメント1回戦第2戦でバーゼル(スイス)に1-2の敗戦。2試合合計5-2で勝ち抜けを決めたものの、続く準々決勝でリバプールにアウェーで0-3、ホームで1-2の敗北を喫していた。

 ベンチ入り停止のジョゼップ・グアルディオラ監督に代わって指揮を執ったミケル・アルテタコーチは、「もし今日のようなゴールを許していたら、今後も難しくなるだろう。交代選手を入れて状況は改善されたが、時すでに遅しだった」と反省。「この結果にはがっかりしている。私たちは基本的にホームで強いからね」と肩を落としている。
●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年9月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。