「オレが親父を男にする」と宣言してから3年。東海大相模MF有馬は父とともに臨む最後の選手権

「オレが親父を男にする」と宣言してから3年。東海大相模MF有馬は父とともに臨む最後の選手権
東海大相模高MF有馬和希は攻守に渡って勝利に貢献

[9.22 選手権神奈川県予選2次2回戦 東海大相模高 3-2 湘南高 かもめパーク]

 父とともに選手権の舞台に立つ。関東大会予選優勝校・東海大相模高のチームリーダー、MF有馬和希(3年)は同校の有馬信二監督の息子。父とともに挑む「最後の選手権」がスタートした。

 この日、トップ下からボランチへポジションを変えた有馬はハードワークする部分など良さを発揮していた。「守備もしつつ、ボールを奪ったら後ろからスピードに乗った状態で攻撃に行けるのでボランチの方が良いかなと思います」。本人は徹底マークを受けたこの日のプレーについて満足していなかったが、それでも甲府内定MF中山陸(3年)やMF中島優太(3年)とともに技術とポジショニングを駆使。試合を通してボールを受けて、さばき続けた。
 
 父も「ボランチになってから良くなった。守備もハードワークしてくれる。これからもチームを助けてくれれば」と期待する。チームは前半こそ0-1で折り返したものの、後半の3得点によって逆転勝ち。選手権初出場への第一歩を踏み出した。

 有馬はSC相模原U-15に所属していた3年前、選手権予選で東海大相模が1次予選3回戦で敗れた試合を観戦。その試合後、帰宅した父に「オレが親父を男にする。オレ、相模に行く」と宣言したのだという。進路については本人の意志に任せていた父は「来たら面白いだろうけれども、来ないだろうなと。東京の私学に行くと思っていた」と振り返る。翌春、有馬は仲の良かった選手や父が注目していた選手に声を掛けて、彼らとともに東海大相模の門を叩いた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。