物議を醸すサラーのプスカシュ賞、ついにC・ロナウドも口を開く「正直に言うと…」

物議を醸すサラーのプスカシュ賞、ついにC・ロナウドも口を開く「正直に言うと…」
プスカシュ賞にクリスティアーノ・ロナウドが言及

 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身のゴールの方が『FIFAプスカシュ賞』に相応しいと主張した。英『ミラー』など複数メディアが伝えている。

 24日、『ザ・ベスト・FIFAフットボールアワード2018』がロンドンで開催され、リバプールエジプト代表FWモハメド・サラーがエバートン戦で決めたゴールがプスカシュ賞に選出された。そのゴールは、PA右脇でパスを受けたサラーがDFクコ・マルティナのマークを跳ね除けて中央に切れ込むと、MFイドリッサ・ゲイェもかわしてカーブをかけた左足シュートを左サイドネットに決めたというもの。

 もちろん、素晴らしいゴールだったが、受賞決定後からツイッター上では「サラーのゴールがプスカシュ賞を受賞したことはジョーク以外の何物でもない。とても多くの優れたゴールがあったのに、このゴールが代わりに選ばれてしまった」と、ファンがツイートするなど物議を醸していた。

 C・ロナウドは自身のインスタグラムライブで「サラーはプスカシュ賞にふさわしい。素晴らしいゴールだった」と称えつつも、「だけど、正直に言うと、俺のバイシクルシュートの方が最高だったね。自分に嘘はつけないよ」と正直な気持ちをファンに伝えた。

 最高のゴールと語るのは、今年4月3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝で生まれたゴールだ。当時レアル・マドリーに所属したC・ロナウドが、敵地でユベントスを相手に華麗なオーバーヘッドを叩き込み、ユベントスサポーターからも拍手を受けていた。もちろん、このゴールもノミネートされていたが、プスカシュ賞に選ばれなかった。

「落ち込んではいないよ。人生はそういうものさ。時には勝ち、時には負けることだってある。賞は賞だ。俺はすでにたくさんの賞を手にしている。賞を獲得するためではなく、勝つためにプレーしているんだ」
●セリエA2018-19特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. クリスティアーノ・ロナウド バロンドール
  2. クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル代表
  3. クリスティアーノ・ロナウド ユヴェントス
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「クリスティアーノ・ロナウド + 移籍」のおすすめ記事

「クリスティアーノ・ロナウド + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「クリスティアーノ・ロナウド + ユヴェントス」のおすすめ記事

「クリスティアーノ・ロナウド + ユヴェントス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュース

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。