堂安フル出場フローニンゲン、ドローで連敗が3でストップ

堂安フル出場フローニンゲン、ドローで連敗が3でストップ
堂安は7試合連続のフル出場だった

[9.30 エールディビジ第7節 フローニンゲン1-1ユトレヒト]

 日本代表MF堂安律の所属するフローニンゲンは30日、ホームでユトレヒトとリーグ戦第7節を行い、1-1で引き分けた。フローニンゲンは今季初の引き分けで連敗を3で止め、最下位を脱出した。

 1勝5敗で最下位と序盤から厳しい戦いになっているフローニンゲンだが、今節も前半16分に失点。難しい試合になってしまう。

 しかし後半21分に相手に退場者が出たことで数的優位に立つと、同31分に途中出場のFWアフマッド・メンデス・モレイラが押し込み、同点に追いつく。その後も押せ押せとなり、フル出場の堂安も積極的にゴールを目指すが、逆転弾は生まれなかった。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2018-19特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。