10番田村が全得点に絡む活躍! 千葉県が徳島県を振り切って準々決勝進出

10番田村が全得点に絡む活躍! 千葉県が徳島県を振り切って準々決勝進出
ダメ押しゴールを決めた千葉県MF齋藤騎斗(柏U-18、1年)(写真協力=高校サッカー年鑑)

[10.1 国体少年男子2回戦 千葉県3-1徳島県 三国運動公園陸上競技場]

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」少年男子サッカー競技は1日、福井県内の3会場で2回戦を行い、三国運動公園陸上競技場の第2試合は千葉県と徳島県が対戦した。70分間でシュート17本を放った千葉県が3-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。

 1回戦で出色の活躍を見せていた千葉県の10番MF田村蒼生(柏U-18、1年)がこの日も存在感を見せた。前半15分、MF畑大雅(市立船橋高2年)を起点にDF藤本隼斗(柏U-18、2年)がつなぐと、右サイドからえぐった田村がドリブルからの右足で決めた。

 その後は拮抗した展開となったが、後半7分に徳島県が同点に追いつく。DF前田俊(徳島市立高1年)の右CKから、混戦で競り勝ったDF川人太陽(徳島市立高2年)が左足で決めた。

 ところが後半20分、千葉県は田村のドリブルでつくったチャンスをMF揖斐俊斗(柏U-18、1年)が決めて勝ち越すと、同33分にも田村のアシストからMF齋藤騎斗(柏U-18、1年)がダメ押し。試合を優勢に進めた千葉県が3-1で勝利した。

 準々決勝ではプリンスリーグ九州で全勝を果たしている鳥栖U-18の選手を中心に構成した佐賀県と対戦する。
●第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」特集

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年10月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。