[少年男子]鹿島のハードワーク、意識の高さが浸透。茨城県が2試合連続1-0勝利で8強入り!

[少年男子]鹿島のハードワーク、意識の高さが浸透。茨城県が2試合連続1-0勝利で8強入り!
前半19分、MF舩橋佑(左端)のゴールを喜ぶ茨城県イレブン。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[10.1 国体少年男子2回戦 茨城県 1-0 新潟県 三国運動公園人工芝G]

 1日、第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」少年男子の部は2回戦を行い、茨城県が1-0で新潟県に勝利。2年連続で8強入りの茨城県は準々決勝で青森県と対戦する。

 茨城県は先発11人中8人が鹿島ユース勢。萬場努監督(明秀日立高)は「アントラーズの勝負に対するスピリッツを活かす。それをみんなが吸収している」と説明していた。CB田辺陽太(水戸ユース、1年)も「チームの意識とか基準を変えてくれた」と語っていたが、彼らの献身性や、自身のプレーに納得できなければ試合後に進んでボールを蹴りに行く姿勢などを見て、他の選手の意識が向上。その勝利に懸けるスピリッツが茨城県に勝利をもたらした。

 2回戦は、今大会屈指の力を持つ新潟県にボールを握られる時間が長い展開となった。その個人技でDFを剥がされるシーンも少なくなかった茨城県だったが、要所を締め、最後の局面で決定打を打たせず。前半に挙げた1点を守って2試合連続1-0で勝ち切った。

 茨城県は前半19分、FW梅津凜太郎(鹿島ユース、1年)の右ロングスローのこぼれ球をMF舩橋佑(鹿島ユース、1年)が右足ダイレクトボレーで左隅に突き刺して先制する。出足速く、U-16年代から表現されている球際の強度、そしてボールへの執着心への強さも感じさせる茨城県はフィフティーボールを自分たちに傾けていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年10月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。