國學院久我山高の後輩が明かす、長崎MF名倉巧の高校時代と“ハンパない”一面

國學院久我山高の後輩が明かす、長崎MF名倉巧の高校時代と“ハンパない”一面
國學院久我山高時代(左)とV・ファーレン長崎のMF名倉巧

 今年のJリーグは例年以上に10代~20歳の選手の活躍が光っています。ゲキサカではプロ1、2年目選手の高校時代を知る後輩たち(現役高校生プレーヤー)に対して、現在プロで活躍するヤングプレーヤーの高校時代についてインタビュー。彼らのピッチ内、ピッチ外で“ハンパなかった”一面や意外な一面とは?

 第16回はV・ファーレン長崎のMF名倉巧選手です。高卒1年目の昨年はFC琉球に所属。J3で22試合出場4得点を記録し、J1に昇格した長崎へステップアップしました。そして今年は、J1デビュー。ルヴァンカップではグループステージの全6試合に先発し、神戸戦でゴールも記録しています。

 その名倉選手は國學院久我山高(東京)2年時の全国高校選手権で大ブレイク。トラップ、ターン、ドリブル、スルーパスなど卓越した技術、判断力を駆使して会場を沸かせ、チームを全国準優勝へ導きました。そして、日本高校選抜候補にも選出。3年時は全国出場こそ叶わなかったものの、主将としてチームを牽引した先輩の高校時代について、左SB竹浪良威主将(3年)とエースFW宮本稜大選手(3年)、そして14番を受け継ぐ司令塔・MF高橋黎(3年)が教えてくれた。(紹介してくれた3人の写真はコチラ)。

―高校時代の名倉選手の印象は?
竹浪:「言葉とか声で盛り上げる感じじゃないんですけれども、ストイックというか、一つ一つのプレーにめっちゃ集中しているという感じでした。でも、オフ・ザ・ピッチでは結構抜けているというか、後輩からからかわれたりしていたんですけれども、試合やサッカーになると目の色が変わって集中していました」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年10月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。