親日家デ・ロッシ「日本は大好き」敬遠されるタトゥーにも「伝統には敬意払わないと」

親日家デ・ロッシ「日本は大好き」敬遠されるタトゥーにも「伝統には敬意払わないと」
日本とタトゥーについて語ったMFダニエレ・デ・ロッシ

 親日家として知られるローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが、18日付のイタリア紙『メッサッジェーロ』のインタビューに応じ、日本について語った。

 デ・ロッシは2017年6月、妻のサラ・フェルバーバウムさんとともに日本を訪問しているが、出発前には「日本は僕が大好きな場所の1つ」と話すなど親日家として知られる。インタビューにおいて、今後、訪問したい場所を問われたローマの主将は、日本についても言及している。

「行きたい場所はいくつかある。南米の大部分とか、アルゼンチン、ブエノス・アイレスなどは、サッカーが観光と直結している。ラ・ボンボネーラでボカ対リーベルは見てみたいとずっと思っている。それにアメリカンフットボールのスーパーボウルも大好きなので、ちょっと見てみたい。それから中国も。日本はすでに訪問したけど、本当に大好きになったよ。だから向こうの地域を見てみたい」

 デ・ロッシは日本訪問中、東京に加え、京都や大阪、広島などを観光したが、自身が両腕などにタトゥーを入れていることから不安を感じていた。

「タトゥーをあまり歓迎していない人がいることを知った。悪い意味でのサプライズを避けるために、どこなら行っても問題がないのか、どこへ行ったらタトゥーを隠すべきなのかを事前に尋ねた。僕らはゲストであるから注意深く、伝統文化には大きな敬意を払わないとね。タトゥーは昔、マフィアを連想するものだったから、高齢の方はあまり受け入れていないようだ。僕はマフィアっぽくないだろ(笑)」
●セリエA2018-19特集

あわせて読みたい

記事提供社から

「親日家デ・ロッシ「日本は大好き」敬遠されるタトゥーにも「伝統には敬意払わないと」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >伝統文化には大きな敬意を払わないとね。  プロ市民や、半グレは、きちんと耳を傾けろよ!

    2
  • 匿名さん 通報

    ええ奴やな。トッティのせいでローマの王様になり損ねているとはいえ、クラッキやから。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。