27秒弾を予言した男!? 大分FW三平「何を思って言ったのか分からない」

27秒弾を予言した男!? 大分FW三平「何を思って言ったのか分からない」
27秒で先制点を記録した大分トリニータFW三平和司

[10.21 J2第38節 千葉2-4大分 フクアリ]

 キックオフから、わずか27秒。いきなりネットが揺れた。ゴールを陥れた大分トリニータFW三平和司は試合後に明かす。チームメイトからの予言があったことを――。

 ウォーミングアップ中だった。MF姫野宥弥から「何を思って言ったのか分からないけど、『(試合開始直後に)ワンチャンあるんじゃないですか』と言われていた」。そして、その言葉が現実となる。最終ラインのDF鈴木義宜が蹴り出したボールは三平には合わずに、千葉のゴール方向へと向かっていく。しかし、「姫野に言われていた」三平は、ここで動きを止めるのではなく全力でボールを追った。

 PA外にポジションを取っていたGK大野哲煥がPA内に入って手で処理しようとしたが、「追い掛けていたら、ちょっとキャッチをするのが遅いな」と思い、ボールに向かって滑り込む。大野より先に右足がボールに到達すると、ボールはそのままゴールマウスへと収まって開始27秒での先制点が生まれた。

「点が入ったときにすごく静かで、ファウルだったかなと思った」ようだが、ゴールが認められたことを確認すると「久しぶりの得点だったので嬉しかった」と歓喜を爆発させる。チームメイトの予言どおりの試合開始直後の得点となり、ハーフタイムには姫野から「言ったとおりになったでしょ」と言葉を掛けられたようで、「あいつすごいっす」とチームに勢いをもたらした男は白い歯を見せた。

(取材・文 折戸岳彦)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年10月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュース

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。