主将・鈴木が執念の延長V弾!100分間の「激闘」制した秋田商が4連覇に王手!:秋田

主将・鈴木が執念の延長V弾!100分間の「激闘」制した秋田商が4連覇に王手!:秋田
延長前半4分、秋田商高FW鈴木宝主将(9番)が決勝ゴール

[10.25 選手権秋田県予選準決勝 秋田商高 3-2(延長)新屋高 八橋陸]
 
 秋商が激闘制す! 第97回全国高校サッカー選手権秋田県予選準決勝が25日に行われ、昨年度優勝校の秋田商高と同準優勝の新屋高が激突。延長前半4分にFW鈴木宝(3年)が決めた決勝点によって、秋田商が3-2で競り勝った。秋田商は4年連続44回目の全国出場を懸けて、決勝(27日)で明桜高と戦う。

 前回大会ファイナルの再戦は文字通り、「激闘」となった。序盤は、やや重心を後ろに置いてスタートした新屋を秋田商がスピードのある攻守や空中戦の強さも合わせて押し込む展開に。中盤では期待の大型MF原田悠翔(1年)が柔らかいボールキープを見せていた。

 同時にMF小日山涼生(3年)が新屋FW佐々木達樹(3年)をマンマーク気味にケアして、ボールを大事に攻める相手の起点を封じようとした。だが、新屋も注目ボランチ・MF松橋拓磨(3年)がインターセプトから中央突破、シュートへ持ち込み、右SB飯塚颯太(3年)のダイナミックなオーバーラップ、そしてMF内山颯太(2年)がクロスバー直撃の右足FKを放つなど対抗する。

 試合は“衝撃的”な無回転弾で動いた。前半30分、秋田商は敵陣中央からFW長谷川悠(3年)が左足ボレーでロングシュート。練習から放っているという無回転弾がGKの手前で鋭く変化し、そのままゴールネットに突き刺さった。

 インパクト十分の先制ゴール。その余韻が会場に残ったまま迎えた32分、新屋はCB

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年10月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。