[アルゼンチン戦まであと3日]代表デビューを目指す21歳・丹羽の誓い「イヤなプレーを全力でやる」

[アルゼンチン戦まであと3日]代表デビューを目指す21歳・丹羽の誓い「イヤなプレーを全力でやる」
丹羽海斗は中野崇フィジカルコーチに積極的に話を聞きに行った

 日本代表に初めて選ばれた丹羽海斗が1日、練習を終えて安堵の表情を浮かべた。

「僕は体がまだ小さく、発展途上です。それにほかの皆さんのように華麗なプレーはできないので、音に対する反応速度とアプローチで勝負したい。相手のパスに速く反応してルーズボールを奪ったり、パスの出所に素早くアタックしてつぶしに行きたい。(相手にとって)イヤなプレーを全力でやってチームに貢献したいです」

 この日も、ボールをしつこく奪いにいって他の選手と激しく接触を繰り返し、アイマスクが外れてしまう場面もあった。先月26日に21歳になったばかりの丹羽にとって2年後の東京五輪パラリンピックの存在は特別だ。

「一番目指したい大会です。夢の舞台に立てるよう、全力でプレーしたい」

 世界ランク2位のアルゼンチン戦でデビューできれば、夢の舞台は目標に変わる。

(取材・文 林健太郎)
●障がい者サッカー特集ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年11月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。